フラボノイドが効くプロポリス

プロポリスとは?

プロポリスは、ミツバチの巣から取り出される樹脂状の物質で「ハチヤニ(蜂脂)」ともよばれています。水に一滴垂らすと、水の表面でさっと広がって、ヤニ特有のにおいが漂ってきます。ミツバチは、ポプラや松などの樹木から集めた樹液に、自分が分泌する唾液(酵素)を混ぜ合わせて、さらにミツロウ(蜜蝋=ビー・ワックス)や花粉(ビー・ポーレン)を加えたものを、巣の入り口や通路の隙間に塗りつけます。ミツロウとプロポリス(ハチヤニ)は混同されやすいのですが、全く違う物質です。ミツロウはミツバチの下腹部から分泌された脂肪が固まったもので、ロウソクや口紅の材料、建物の内装用ワックスとして使われています。

古代から利用されている

巣の入り口の隙間に塗られるワックス状のプロポリスは、外敵から巣を高度な無菌状態に保ちます。樹木は外敵から身を守るための抗菌成分を樹液に含んでおり、プロポリスにも当然優れた抗菌力があるわけなのです。ひとつのミツバチの巣には五万匹以上いますが、外から帰って来た働きバチは抗菌ペイントされた通路を通るたびに、プロポリスのフロアマットで消毒されていたのです。

プロポリスの名称は、ギリシャ語のプロ(前面を)、ポリス(都市国家)を語源としていて、ミツバチがこれを巣の入り口に塗ることで、内部に外敵や雑菌が入らないようにする防御物質としているのです。プロポリスの働きは古代ギリシャ、ローマ時代からよく知られており、アリストテレスは自著である「動物誌」の中で、皮膚疾患、切り傷、感染症に効能があると記しています。

また、ヨーロッパや南米のブラジルでは、プロポリスが火傷、ニキビ、イボ、帯状疱疹などの民間薬として古くから使用されていました。

わが国でも注目されている

わが国のプロポリスについての歴史は意外と浅く、一九八五年に開催された、国際養蜂会議において、次のような症状の報告がなされました。

(1)内科の疾病
(2)循環器系障害の疾病
(3)関節炎の疾病
(4)アレルギー性の疾病
(5)皮膚系の疾病
(6)耳や鼻などの炎症と疾病
(7)種々の感染症の疾病他

これらの治験報告がなされたことをきっかけに、わが国においてもプロポリスの薬理作用などの解明が一気に進みました。

現在、東欧や北欧、アメリカなどではノドの炎症を抑えるトローチや胃潰瘍の治療薬としてプロポリスが広く使われていますし、ルーマニアの首都であるブカレストには、ミツバチ療法診療所(アピセラピー)まで設立され、治療や予防医学などの研究が広く行われているのです。

特にヨーロッパでは、プロポリス商品の種類が豊富にあります。それはプロポリスが天然の抗生物質としてさまざまな症状を改善できることがわかってきたからです。

フラボノイドが効く

プロポリスに含まれている主な成分は、樹脂、ミツロウ、精油、花粉、フラボノイド類、微量の有機酸やビタミン・ミネラルなどです。

そして、40種類以上も含まれているフラボノイド(色素成分)には、毛細血管を強化して、動脈硬化を予防したり、免疫力を高める作用があるといわれています。

特に抗生物質耐性菌の出現で困惑する医療現場でも、耐性菌の心配が少ないプロポリスの強力な抗菌力が注目を集めているのです。

それは、1991年第199150回日本ガン学会総会において「プロポリスから抗ガン物質を発見した」という国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)の研究グループの報告があったことから、抗ガン作用への期待が大きくふくらんだのでした。

また、ウィーンのラキテンスキー博士は、手術前のガン患者にプロポリスを使った後、胸部ガンの手術に成功してますし、患者の90%が転移もなく、10年間もガンの再発がなかったと報告をしています。

天然の抗生物質

ルイ・ヒル博士は自著の中で「プロポリスは人間がこれまで発見した中で最も効果のある天然の抗生物質だ」と賛辞しています。

抗生物質というのは、カビや細菌より分泌され、バイ菌などの他の微生物の発育、繁殖をおさえる物質のことですが、たしかに化膿した所に、プロポリスを塗ると菌も入らないし、治りも早くなった症例がたくさん報告されています。
したがって、風邪などのウイルス菌を殺したり、ブドウ球菌やその他の病原菌に力強い効力を発揮することは間違いありません。それと共にプロポリスは天然のものですから副作用の心配はありません。このことは、厚生労働省も認めています。最近、薬の副作用について広く報道されていますので、読者の皆様はよくご存知だと思いますが、小学校に於ても、インフルエンザワクチンの集団接種が問題になっています。また、細菌性からの病気に対して抗生物質を投与しますが、その抗生物質の副作用も大変な問題になっているのです。

その点、プロポリスは、天然の抗生物質として副作用の心配がありませんので、安心です。

プロポリスの効能

(1)抗ガン作用
プロポリスから新しく発見した、ガン細胞を殺傷する物質「クロレダン系ジテルペン」についての実験結果を日本ガン学会総会で発表したのをきっかけで、ガン医療関係者のプロポリスへの関心が一気に高まりました。プロポリスは「ガン細胞の分裂増殖を抑制すると同時に、もう一方ではガン細胞の細胞膜に働きかけて、ガン細胞を死に導く」と松野博士はその抗ガンメカニズムを報告しています。この研究は、後にほかの研究機関でも確認されています。

(2)インフルエンザの予防
最近、新型のインフルエンザウイルスの猛威が増しているのと同時に、毒性の強い鳥インフルエンザウイルスが人に感染しやすくなる性質を獲得する可能性が高まったことが明らかになりました。プロポリスには、免疫機能をつかさどる細胞を活発にし、免疫力を高める効果があります。プロポリスを摂ることで体内の免疫力が高まり、風邪やインフルエンザを予防することができます。
このことについては、富山医療薬科大学(現・富山大学医学部)などで報告されています。

(3)真菌感染の予防
真菌(カビ)の感染による皮膚炎には、水虫や頭部白癬、癜風があります。これらは完治しにくく、そして再発しやすい疾患です。高知大学医学部のグループでは、真菌性皮膚炎にプロポリスを投与した結果、効果があったことを報告しています。

(4)炎症を抑える
炎症というのは体の組織の一部が赤くなり、熱、はれ、痛みなどを起こす症状のことです。天然の抗生物質である、プロポリスは炎症を伴う症状の改善には特に効果が高いようです。つまり、口内炎、胃炎、腸炎、膀胱炎などの泌尿器科系の炎症、やけど、肩こりや筋肉痛、気管支炎や肺炎、子どものアトピー性皮膚炎まで実に幅の広い炎症に有効です。このことは、ロシアの放射線研究所などが報告をしています。

(5)花粉症の予防
毎年春先にかけては、花粉症で苦しむ人が年々増加しています。東邦大学薬学部は「プロポリスが花粉症の症状を軽減してくれる」と報告されたのと同時に「アレルギーの症状も和らげてくれる作用もある」とのべています。これは、花粉症の原因となる、ヒスタミンなどの物質の放出を抑制し、花粉症を予防してくれるからです。

(6)糖尿病の予防
アメリカの糖尿病研究所のジョスリン博士は「糖尿病は治らないが、コントロールできる病気である」とのべています。コントロールの方法は、食事療法、運動療法、薬物療法の三本柱が必要です。プロポリス研究の進んだ研究機関である、セッパ研究所は「糖尿病はウイルスが膵臓機能を阻害し、インスリンの生産能力の低下による」と結論づけたうえで、糖尿病の合併症の患者多数に、プロポリスを規則正しく服用させた結果、短い期間で快方に向かい、ほとんどの人が完治したと報告をしています。つまり、プロポリスの強い抗生物質としての働きによって組織が活性化されたものと考えられます。

(7)美肌作用
プロポリスには肌の生まれ変わりを促して、肌の若々しさを保つ作用のほか、シミやソバカスの発生を抑制したり、ニキビの予防にも効果を発揮します。それは、プロポリスには、抗菌効果や抗炎症作用があるためと考えられます。

(8)ピロリ菌感染の予防
国立がん研究センターは「今後ピロリ菌による胃ガン患者が急速に増加する」と警告をしています。日本プロポリス協議会の講演で、「ピロリ菌対策には、抗生物質や抗菌剤を用いず、プロポリスでこの菌を抑えることができる。また、胃酸過多を抑える働きや、胃粘膜を正常化する働きも兼ね備えているので、ピロリ菌駆除に適した素材と考えます」と発表しています。

(9)その他の有効例
ロシアのプリジッチ研究所では、プロポリスの軟膏で、乳腺炎の治療やしもやけ、子宮にできた、できもの、耳炎にも使ってよい結果があったとしています。ヨーロッパなどでは、歯茎の炎症、痛み、舌炎、口内炎、歯槽膿漏、葉の鎮痛消毒にも応用されています。これは抗生物質としての作用だけではなく、プロポリスの高い麻酔作用にもよるところがあると考えます。また、公衆予防や抜け毛予防、血管の強化作用、ストレスの改善、蓄膿症、肥満、小児ガン、胃潰瘍、健康増進、体力増進などにも有効です。それだけではなく、プロポリスは寿命革命の旗手となる可能性が高いといわれています。長寿をはばんできたものは、乳幼児の死亡、戦争、飢餓、天変地異もありましたが、最大のものは感染症でした。

プロポリスは、天然の抗生物質として大変優れているわけですから、抗菌性や殺菌性があり、殺菌の発生も防ぐという驚くべき特性もあるために、このプロポリスを広く抗生物質として利用することにより、長寿の手助けをすることになるのではないかと思われます。

プロポリスの安全性

厚生労働省の研究班が2004年から4年間かけて行ってきた「天然物添加物の発ガンに関する研究」(大阪市立大学)で、プロポリス抽出物をラットに投与した結果、「発ガン性は認められなかった」と発表しました。さらに同研究では、プロポリスの投与群のラットは対照群に比べて生存率が高く、その理由として、下垂体腫瘍の発生率現象によるものと示唆したのでした。一般的に薬は多かれ少なかれ効果以上に副作用というものがありますが、プロポリスにはこうした心配がないのが特徴です。




サイト制作者紹介

都内在住のフリー医療ジャーナリスト
関西にある某大学薬学部卒
バツイチ 46歳
普段は週刊誌向けの記事やネット向けの記事を書く。身の回りに更年期障害に悩む人が多く、今回サイトの制作に携わる。
趣味は旧所巡り。

もしかしたら更年期障害かも

どうしてもの場合はED治療薬に頼るのも一法です




ページ上部へ戻る